ドラマ『小さな巨人』も第6話まで終わり豊洲署編へ突入しましたね。

小さな巨人では他のドラマにない目力の強い演出が話題になっています。

この記事では6話までの放送で悪役のキャスト5選を画像とともにご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』第7話予告

第7話【あらすじ】

金崎理事長(和田アキ子)と富永専務(梅沢富美男)が経営する早明学園の不正を暴くため、内偵捜査をしていた元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された。そして、その現場から走り去った山田(岡田将生)が、容疑者として捜査一課の藤倉(駿河太郎)らに拘束されてしまう。

一方、山田から詳細を報告されていた香坂(長谷川博己)は、祐里(芳根京子)らと独自に捜査を始め、ある有力な情報を手に入れる。 しかし、小野田一課長(香川照之)から忠告された渡部(安田顕)に妨害されてしまい…。

第7話【予告動画】

 

 

『小さな巨人』悪役キャスト5選

①小野田 義信(香川照之)

 

~役柄~

第74代警視庁捜査一課長。

高卒のノンキャリだが、叩き上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長まで登りつめた。かつては香坂の父・敦史の部下であり、敦史からの信頼を得て引き上げられた。

香坂を誰より認めていたが、突然その関係を断ち切る。さらに山田も所轄に異動させる。その真意とは・・・?

自分を捜査一課に引っ張りあげてくれたかつての上司、富永にだけは頭が上がらない。

 

~ネットでの評判~


②山田 春彦(岡田将生)

 

~役柄~

豊洲署刑事課刑事。元警視庁刑事部捜査一課長付運転担当。

東京大学法学部卒業後、ある目的のためにキャリアの道を選ばず、あえてノンキャリアの刑事として警視庁へ入庁した。父親は内閣官房副長官。

小野田から、一年で捜査一課に戻し、さらに警部に昇任すると約束され、豊洲署へ異動。香坂のことは認めてはいるものの、まだどこか信用しきれていない。

 

~ネットでの評判~

 

③三笠 洋平(春風亭 昇太)

 

~役柄~

芝署署長/捜査一課長。

昇任試験を勝ち抜き、小野田の前捜査一課長を務めたエリート中のエリート。退任後は警視庁の幹部ポストが約束されている。香坂をかわいがっており、香坂を捜査一課に引き上げた恩人でもある。捜査理論が異なる小野田とは水と油の関係。

※芝署の署長は捜査一課長が次に行くポスト。

 

~ネットでの評判~

 

 

④金崎 玲子(和田アキ子)

 

~役柄~

学校法人・早明学園理事長 小中高の一貫校を進め、グローバルの名の下、海外から留学生を多く招き入れ、国内の優秀な人材を根こそぎ引き入れている。

 

~ネットでの評判~

 

 

⑤富永 拓三 (梅沢 富美男)

 

~役柄~

早明学園・専務 元捜査一課長

かつて捜査一課長や刑事部参事官にまで務め上げ、退任後、早明学園へ天下りした。また、香坂の父・敦史と小野田の上司でもあり、あの小野田が唯一頭が上がらない男といわれている。

 

~ネットでの評判~

 

スポンサーリンク

〇〇がネットで不評!!

ネット上での不評の声が続出しているのは金崎 玲子役の『和田アキ子さん』です。

和田アキ子さんは連続ドラマへの出演は26年ぶり。

 

和田アキ子さんのコメントはコチラ

久しぶりの連ドラとあって「現場が良い雰囲気なので、いかに自分が金崎玲子という役に入り込めるかが大事だと思っています。昔からの鉄則なのですが、お芝居をするときは演出の方にお任せして、私は皆さんにご迷惑をお掛けしないことを心掛けています。久しぶりに緊張しながら楽しめるお仕事なので、頑張ります!」

そして

「タイトルが『小さな巨人』! 私は現実の巨人ですよ(笑)」

とツッコミを入れてユーモアを忘れないところはさすがですね。

 

ではネットでは、どんな声が上がっているのか見てみましょう。

 


様々な意見がでていますが『小さな巨人』のファンにとっては悲痛の叫びとなっていますね。

 

不評である2つの理由

今回豊洲署編での悪役で登場の和田アキ子さんですが、なぜ不評なのか?

いろんな意見を見ていると共通する点が2つでてきました。

 

①演技について

②役柄のギャップ

 

①演技について

ドラマ出演が26年ぶりということ、本番に弱いとういこともあり演技について心配している感じですね。

第6話でも和田アキ子さんの演技に対しネット上では「和田だけ浮いてる」「棒読みすごい」「いつもより小さく見える」などの声も・・。

 

②役柄のギャップ

役柄とのイメージとのギャップがあるという印象ですね。

和田アキ子さん演じる金崎 玲子は学校法人・早明学園理事長。

理事長といえばインテリで上品といったイメージですが和田アキ子さんは女性ながら漢気があり勢いにあふれた印象のイメージです。

ここのギャップがとれないといったところでしょうね。

不評の声が出ている半面、期待の声も上がっている

 

といった声も上がっています。

そうなんですよね。演技しようと思うから緊張し棒読みになって浮いてる感じになっているので、そのままの和田アキ子さんでいいんじゃないかと思います。でもそこが難しいんでしょうね。

個人的には和田アキ子さんの出演には期待していますので今後どのように演じていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

『小さな巨人』悪役5選

  • 小野田 義信(香川照之)
  • 山田 春彦(岡田将生)
  • 三笠 洋平(春風亭 昇太)
  • 金崎 玲子(和田アキ子)
  • 富永 拓三 (梅沢 富美男)

 

和田アキ子さんは不評の声が続出していますが期待の声も出ています。

豊洲署編では和田アキ子さんが悪役メインになるでしょうから挽回できると信じ期待しています。

 

関連記事

ドラマ『小さな巨人』【評価】面白い?面白くない?意見が割れる理由

ドラマ『小さな巨人』見逃し【5話】芝署完結!!おすすめ配信動画!!

小さな巨人に出演の長谷川博己さんの腕時計のブランドは?腕時計の保管?

小さな巨人で香川照之が魅せた圧巻『顔芸7選』!!意外な趣味とは?

ドラマ『小さな巨人』あらすじ、キャスト、相関図、主題歌を徹底紹介