今回はブルゾンちえみさんのふるさと岡山県に関する〇〇をご紹介して

いきます!!

ブルゾンちえみファンの方は必見!!

岡山に行くことがあればぜひ活用してみてください。

 

スポンサーリンク

【ブルゾンちえみ】平島のマックで働いていた!?

ブルゾンちえみさんが岡山県の平島という所のマックで働いていたらしい。

岡山県出身なので高校生までは岡山県に在住していたので働いていたんでしょうね。

今後新しいネタでマックversionがみてみたいものです。

 

 

 

平島のマックってどこにある?

ちなみに平島のマックを調べてみました。

住所は岡山県岡山市東区東平島113-3でしたね。

場所はこちらになります。

市外から少し離れたのどかなところですね。

なんだかマックに行きたくなってきました(笑)

 

 

マクドナルド情報

 

ということで、さっそくマックに行ってきたので少しだけマック情報です。

っていっても平島のマックではないですけどね。

久しぶりマックに行ってきましたよ。

私が食べたのは期間限定『ギガベーコンてりたま』

 

マック史上最長、約20cmのギガベーコンが主役。たまご・てりやきソースとの相性抜群、元気いっぱいになる新てりたまです。

 

期間限定に弱かったです・・・

 

気になるのがもう一つありました。

 

『しょうがやきバーガー』

ジューシーなポークパティと、「しょうが焼き」をイメージしたコクのある醤油味の和風ソースが絶妙な味わいのバーガー。

 

『ギガベーコンてりたま』に目がいってたので買った後に『しょうがやきバーガー』

に気が付きました。

次は『しょうがやきバーガー』にしてみようかな。

食べたくなってきたんじゃないですか~?

 

スポンサーリンク

岡山県名所3選

その1

岡山城(岡山市)

出展:https://okayama-kanko.net/ujo/history/index.html

天下人となった豊臣秀吉に身内並みに厚遇されて大大名となった宇喜多秀家が、秀吉の指導を受けて築城し、8年の歳月を費やして建造され慶長2年(1597)に完成した岡山城。西向きの城構えのため、旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀に活用しています。天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けるこの時代の特徴から外観が黒く、後の時代には「烏城」とも呼ばれています。秀家はこの城を戦の施設としてだけでなく、領国内の商人や職人を集めて治世の府とし、城下町の整備を行っています。関ヶ原合戦で敗軍の将となった秀家は、流配先の八丈島で城主よりも長い期間の余生を過ごしました。
秀家に代わって城主となった小早川秀秋は、それまでの西側の外堀の外側に城域を拡張して新たに外堀を設け、その外に寺町を配置しました。外堀の掘削は二十日間の突貫工事であったために、「二十日堀」と呼ばれていました。
秀秋の夭折(ようせつ)の後は、幕藩体制の下で岡山城は岡山藩の城府となり、池田家を藩主として明治維新に至りました。また藩政が安定期に入った17世紀末には、旭川を隔てて北側に藩主が憩と趣を楽しむ庭として広大な「後楽園」が作られました。
岡山城は、歴代城主の下で岡山の町並みの発展を見続け、近代都市の礎となったのです。

その2

後楽園(岡山市)

出展:http://okayama-korakuen.jp/history/

岡山後楽園は、今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政[いけだつなまさ]が藩主のやすらぎの場として作らせた庭園です。
綱政の時代には、藩主の居間延養亭[えんようてい]や園内に点在する建物の座敷から眺望を楽しむという要素の強い庭でした。
綱政の子継政[つぐまさ]は能舞台周辺の建物を大きく改築し、園内中央に唯心山を築き、そのふもとに水路を巡らせ、沢の池と廉池軒の池を結ぶひょうたん池を掘らせました。こうした改変で庭を巡り歩いても楽しい回遊性が備わってきました。継政の孫治政[はるまさ]は倹約のため、田畑の耕作に当たっていた人々をやめさせ、一時的に芝生の庭園となりますが、その後すぐに園内東の大半は田畑へと戻ります。現在の井田[せいでん]はその名残です。こうした時代ごとの藩主の好みや社会事情によって後楽園の景観は変化し、その積み重ねが歴史となっています。

 

その3

倉敷美観地区(倉敷市)

出展:https://www.heisei-car.jp/topics/?p=2872

 

出展:http://www.kurashiki-tabi.jp/kurashiki-h1/

現在の倉敷市の市街地中心部で往時をしのばせるのが、倉敷川畔の「美観地区」や鶴形山南麓から東西にのびる「本町・東町」といった美しい町並みです。JR倉敷駅から南へ徒歩約10分にあるこのエリアは、倉敷観光の中心となっています。
一方、デパートや商店街は倉敷駅南口周辺の徒歩5分圏内に集中しており、駅から美観地区にかけての通り沿いにある商店街には飲食店や商店が立ち並び、庶民的な味わいを醸し出しています。

 

岡山県おみやげランキングベスト5

ベスト1

廣榮堂  「きびだんご」

岡山のお土産っていえば桃太郎で有名な『きびだんご』

これを買って帰れば間違いないっていうぐらい鉄板です。

廣榮堂のきびだんごは安政三年の創業以来守りつづけてるそうです。

味の方は、ほんのりと甘くどこか懐かしい感じの味わいです。

ベスト2

伊部屋  「大手まんじゅう」

薄皮の中にぎっしりと詰まった、あんこが魅力的でしかも程よい甘さ。

お茶と一緒に食べると相性がいいので、お年寄り、あんこが好きな方への

お土産にぴったりです。

 

ベスト3

白十字のワッフル

ふわりとした皮の中にカスタードクリームが入ってる昔ながらのワッフルです。

岡山県でしか販売していないので、こちらのワッフルもお土産として喜ばれますよ。

 

 

ベスト4

橘香堂 「むらすずめ」

皮の中には甘さを控えめにした粒あんが入っていて、見た目からおいしそうですよね。

なので何個でも食べれちゃいます。

幅広い世代に喜ばれるお菓子です。

 

ベスト5

備前焼(びぜんやき)

備前焼は渋い独特の色で美しく土の風合いがよく表れている焼き物で、

シンプルなデザインながらも同じものはなく1点物になるので、

たくさんの人を魅了しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ブルゾンちえみさんのファンなら一度は来てみたい岡山!!

このお土産ランキングを参考にしてもらってお友達に買って帰ってあげましょう。

マックは全国にありますので食べたくなったらすぐに行きましょう!!