テレビドラマとして登場してから、快進撃を続けているのがドクターXです。

2012年からスタートしたドクターXは、手術を絶対に失敗しないフリーランスの外科医が主人公です。ドラマでは、彼女が派遣された大学病院の覇権争いに巻き込まれながら、素晴らしい手術の腕で多くの患者を救っていく姿が描かれています。

ほぼ1話完結で、名台詞があり、時事ネタなども上手に取り入れられているのが特徴のひとつです。

ドクターXのファンの中には、時事ネタを楽しみにしてドラマを見ている人も少なくありません。

 

 

スポンサーリンク

主人公のモデルとなったスーパードクターは加藤友朗氏

 

シリーズが始まるたびに話題になるドクターXですが、ドクターXには実在するモデルがいます。

それは、1000人以上の命を救ってきた加藤友朗氏です。加藤友朗氏は、現在ニューヨークを拠点にして移植外科医として世界中で活躍しています。

 

加藤友朗氏は、どんな患者が来てもNOと言わない医師として有名です。約20年前にアメリカに渡り、ニューヨークで移植外科医として働く加藤友朗氏のもとには、世界中の難しい病気を持つ人々が訪れます。

 

加藤友朗氏は、神の手を持つ医師と呼ばれています。しかし、本人はそう呼ばれることに戸惑いを感じているようです。外科医にとって、器用さや繊細さは必要不可欠です。ただ、それは才能ではなく、基礎の積み重ねであると加藤友朗氏は語っています。

 

加藤友朗氏の手術は、12時間を超えることもあり、これまでの最長記録は30時間だったと言います。本人は、もともと12間を超える手術はすべきではないと考えていましたが、ある時、難しい手術を引き受けて、終わってみたら24時間を超えていたのです。

加藤友朗氏は、難易度の高い手術を行える医師が増えるようにと、移植医療を他の医師にも伝えています。また、子供の移植医療のためのNPO財団も立ち上げています。

 

 

ドラマみたいな手術「多臓器体外摘出腫瘍切除」は実際にあった

加藤友朗氏の名を一躍有名にしたのは、世界初の多臓器体外摘出腫瘍切除手術でした。この手術は、非常に難しい手術です。

もう切ることができないと言われている場所にできた腫瘍を除去するために、お腹の内臓をすべて体外へと出し、腫瘍を取り除きます。そして、その後、再びお腹の中に臓器を戻すのです。血管も切り離し、再度縫い合わせるという手術で、世界中を驚かせました。

多臓器体外摘出腫瘍切除手術は、胃や膵臓、脾臓、肝臓、小腸、大腸すべて体外へ出すわけで、通常の外科手術では考えられない手術です。

 

すべて体外に出してしまっても大丈夫かという人も多いのですが、一定の時間であれば問題ないのです。体外に臓器を出すには、すべての臓器を体から剥がす必要があります。そのためには、細かく丁寧に剥がしつつ止血する必要があるのです。

6つの臓器と腫瘍に絡みついた血管も、すべて体外へと出します。臓器を出した後は、人工血管を置き換えて血液を流します。

心停止の危険がある手術ですが、2つの手術とも心停止の危険はありませんでした。この手術を行ったのは女性2人で、ひとりは当時63歳の女性で、もうひとりは当時7歳の女の子でした。海外の主要メディアは、日本の天才医師が世紀の大手術に成功したと大々的に報じたのです。

 

スポンサーリンク

あの決め台詞のモデルは柔道・松本薫選手との秘話も

『ドクターX』の中で最も有名な決め台詞といえば、「私、失敗しないので」です。

このセリフは、ロンドン五輪で金メダルを獲得した女子柔道の松本薫選手の言葉がきっかけで誕生しました。

 

脚本家が、たまたま夜中につけたテレビで、松本薫選手がインタビューに答えていたのですが、その時、インタビュアーの「失敗は考えなかったか」という質問に対して、「私、ミスはしないので」と答えたのです。

 

脚本家は、この答えを聞いて、しびれたと語っています。

脚本家は、主演女優のイメージと外科医を組み合わせて設定を考えていましたが、キャラクターがなかなか作れずに困っていました。2か月くらい考えて苦しみ、産みの苦しみから救ってくれたのが、ロンドン五輪で金メダルを獲得した松本薫選手の言葉だったのです。

 

脚本家は、もしあの時、テレビで松本薫選手を見なかったら、無知な外科医の話になったかもしれないと語っています。

個性的な主人公が誕生したのは、松本薫がインタビューで答えた一言のおかげだったのです。今では、ドクターXの代名詞ともなっている「私、失敗しないので」という台詞の裏側には、思いもかけない秘話があったのです。

このエピソードは、ファンの間でも有名なエピソードのひとつです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

新しいシリーズが始まったドクターXですが、相変わらず高視聴率を叩き出しています。

初回放送は、リアルタイム視聴率が29%を超えており、タイムシフト視聴率が10%を超えて、総合視聴率が29.8%と非常に高い視聴率を獲得しています。

 

2012年10月に第1シーズンが放送されたこのドラマのシリーズは、どのシーズンでも多くのファンを集めました。新しいシーズンでは、新たな権力争いが渦巻いている大学病院が舞台です。失敗しない主人公は、強力な組織に真っ向から立ち向かっていきます。

 

このドラマは、豪華な共演者で知られているドラマですが、新しいシリーズも驚くほどの豪華キャストが出演しており、多くのファンを喜ばせています。

 

 

こちらの記事もおすすめです。

『ドクターX』の素朴な疑問。未知子が得る高額なお金の行方??

新シリーズ『ドクターX5(2017)』院長はやっぱりあの人しかいない!

米倉涼子の演技力は高い?低い?ドクターXと他の出演作品を比較

『ドクターX』にも出演!内田有紀が何歳になってもかわいいと話題に

『ドクターX(2017)』動画【3話・悪魔に・・】見逃した人は必見。