アーティストとしても俳優としても活躍している星野源さん。ここ近年で著しい活躍をされています。アーティストとしての人気は以前からありましたが、ここ数年は演技力の評判も上々でドラマなどで活躍している姿を拝見することが増えました。

しかし、本職はアーティストですから演技力の方はどれぐらいなのか気になりませんか。ファンの人にとっては星野源さんがドラマで活躍しているだけで素晴らしいものだと錯覚してしまいますが、実際の演技力について今回は調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

朝ドラ初出演『ゲゲゲの女房』ヒロインの弟:飯田(及川)貴司役

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者でもある漫画家水木しげるさんの奥さんが書かれた自伝を元にして作られた作品です。NHKの連続テレビ小説で通称朝ドラと呼ばれる放送枠でドラマ化。

水木しげる役を向井理さん、その妻を松下奈緒さんが演じ、かなり話題になったドラマでもあります。

星野源さんは、松下奈緒さんが演じる布美枝(妻)の弟役飯田(及川)貴司役を演じていました。コミカルで可愛らしい役どころを見事に演じ、ストーリーの中で急死してしまうことを悲しんだファンも多かったようです。ただ、そこまで登場回数は多くなかったことから、この作品を切っ掛けにブレイクとはなりませんでしたが、着実性の高い演技が評価されたようです。

 

その後も俳優としての活躍が期待されていたのですが、2012年12月にくも膜下出血を起こし、活動を休止することになり、俳優としての活躍どころかアーティストとしての活動もしていませんでした。

 

しかし、2014年2月に病気療養を終えて、武道館ライブで完全復活をしたのです。

 

その後の俳優活動も著しくヒット作に出演することも多く、業界的にも起用にこなしてくれる星野源を重宝していることがわかります。この『ゲゲゲの女房』はその先駆けとなる出演作と言えるでしょう。

 

 

『コウノドリ』では過去に囚われ闇深きクールな四宮春樹役

 

現在、『コウノドリ2』として放映されているヒット作です。舞台は産婦人科。生まれてくる命に関わる現場をリアルに作り出しているこの作品は、多くのお母さん方から評価されています。今まであった産婦人科の物語よりもリアルに作られていること、現代社会の問題点などをクローズアップしていることで、今作も視聴率が良いと評判になっています。

この『コウノドリ』の主人公、鴻鳥サクラ役に綾野剛さん。そして、その同僚医師である四宮春樹役で星野源さんが出演しています。サクラ役の綾野剛さんは役柄的にも穏やかで優しい印象がありますが、それに反して四宮役の星野源さんはクール。どこか暗い過去があるような謎の多い役柄です。

 

実際に前作では、その闇の部分もクローズアップされ、視聴者の涙腺を刺激しました。クールだけでどこか本当の優しさが見え隠れする役どころをとても上手に演じているようです。

 

漫画原作のこの作品は、原作ファンからも評価されている作品です。漫画原作の実写化はハードルが高いと言われていますが、この作品の出演者たち全員がちゃんと原作に則った作品作りをしてくれているから、安心して見ていられるのではないでしょうか。『コウノトリ2』にも期待が持てます。

 

スポンサーリンク

言わずもがな!大ブレイクを果たした『逃げ恥』津崎平匡役

 

星野源さんが出演したドラマで絶対に欠かせないのが、『逃げるが恥だが役に立つ』でしょう。新垣結衣さんとのコンビ、さらには『逃げ恥ダンス』は多くの人を虜にしました。

この作品は、2016年9月から放映され、初回からかなり期待度が高いドラマでしたが、実際には徐々に視聴者が増えていったという経緯があります。それは、『恋』の楽曲に合わせてキャストが躍るというエンディングにありました。これによって、次から見て見よう、話題になっているようだとなり、どんどん視聴者が増えていったのです。

 

そして、プロの独身である津崎平匡役がピッタリハマったことで、一挙手一投足に萌えるファンが続出。

 

今どきないぐらい純朴なストーリー展開によって、毎週キュンキュンさせられてしまったファンも多いのではないでしょうか。結婚とは何かを問うドラマではありましたが、このような関係も良いなと思わせてくれる良いドラマです。

 

このドラマを切っ掛けに今まで彼の存在を知らなかった人にも認知され、名前が知れ渡ることになった作品と言えるでしょう。今までとは毛色の違う役どころであったにも関わらず、独特な雰囲気を作り出し、平匡のような服装を好む男性も増えたようです。かなり世の中に影響を与えたドラマと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今やドラマや映画界に欠かせない俳優としても認知されている星野源さん。地道な努力を怠らない人柄と、要領よくこなすことができるそのスキルがドラマ界に新たな風を巻き起こしてくれたと言えます。

アーティストとしての一面やバラエティで見せる顔、さらには変幻自在に演じることができる才能豊かな存在であることは間違いありません。あまりにも各方面から引っ張りだこ状態であることはよく話題になっていますが、真面目な性格や堅実な仕事があるからこそ人気者になっていったのでしょう。

これからもたくさんのドラマで拝見できることは間違いありません。アーティストとしてもコンサートチケットが取りにくいアーティストとして有名です。各方面でのこれからの活躍にも期待が持てる人物と言えますね。

 

 

関連記事はコチラです。

毎回涙なしには観れない『コウノドリ』の心にしみる名言が感動を生む

演技力が凄い!カメレオン俳優「綾野剛」の魅力

脚本家変更でドラマ『コウノドリ』続編はどう変わる?