10月13日金曜日からTBSで放送が開始された『コウノドリ2』。産婦人科医療の現場を題材に描かれている漫画が原作となったヒューマンドラマで、前回の2015年の放送でも高視聴率をマークしました。

 

今回の新シリーズでは「生まれること、そして生きること」というテーマを掲げ、自分の身近な人から見知らない人の命について感じ考え、生きていることや育てていく意味を問う内容になっているようです。

 

更に前回と同様、豪華出演者で構成されており注目されているドラマの1つです。

 

 

スポンサーリンク

出演キャストとキャラクター紹介

綾野剛が演じる、主人公の鴻鳥サクラ


産婦人科医と天才ピアニストという2つの顔を持っています。また仲間の医師や患者からの信頼も厚く、産婦人科のチームリーダーとして活躍しています。乳児院や児童養護施設で生活していたという過去があります。

 

星野源が演じる、四宮春樹


主人公のサクラと同期の婦人科医です。前作のある出来事を境に冷静に現実を突きつけ厳しいことを言う医師として浮いた存在になってしまいます。しかし、サクラとは心から信頼しあっておりお互いにリスペクトする存在であります。

 

松岡茉優が演じる、下谷加江


前回の作品では新米婦人科医、今作品では研修医を終えて専門医となり主人公サクラの下で働いています。患者から信頼される存在になりたいと願いながら、日々努力を重ねている女医です。

 

吉田洋が演じる、小松留美子


ヘッドハンティングされるほどのベテラン助産師で、チームのムードメーカー的存在です。過去の経験から、「お産は恐い。母親が亡くなることがあれば赤ちゃんが助からないこともある。それでも病院ではなく助産院で産みたいという人がここに来る。だから一度の失敗も許されない。」という言葉を胸に日々働いている。

 

坂口健太郎が演じる、白川領


前作でも新生児科医として登場し、今作品では小児科医として出演しています。小さな命と向き合いたい気持ちを強く持って働いています。

 

大森南朋が演じる、今橋貴之


新生児科の部長と周産期母子医療センターのセンター長を兼任していて人材不足の周産期母子医療センターのために動いているが限界に達してきている。しかし部下には、とても優しくいつもそっと声をかける頼れる存在。

 

 

スポンサーリンク

前回作品のあらすじ

30秒に1人生まれる新しい命には、そのすべてに物語があります。しかし現場では赤ちゃんが生まれてきてくれた喜びだけでなく、死産などの悲しい現実にも向き合うこともあります。

 

このドラマでは、ペルソナ総合医療センターの周産期医療センターを舞台に物語が始まります。

 

 

主人公のサクラは自身の母を乳がんで亡くし、幼少期は乳児院や児童養護施設で過ごした過去を持っています。その過去の出来事から産婦人科医になった今、「お母さんも赤ちゃんも守る」という言葉を信念にチームで一丸となって新しい命に向き合っていくお話です。

 

それぞれの過去を背負い、それぞれの思いを胸に命に向き合ってきたメンバーは様々な出産現場を目の当たりにし、時には助けられない命もあるということをチームで学んでいきます。

 

 

医師としてどの選択が正しいのか、その方法がお母さんと赤ちゃんにとってベストだったのかと悩み苦しむこともあります。そんな過酷な現場に日々向き合うことで、肉体的にも精神的にもすり減ってしまう現場でも命を助けられるのは、自分たちしかいないと心に強く言い聞かせて日々精進していくのです。

 

患者に正しい情報を提供し、その情報から出された答えに対して全力でベストを尽くすということが任務であり課題であり、自分たちに今できることとしてチームメンバーそれぞれが壁を乗り越えていくというお話です。

 

 

コウノドリ続編!スタートの第一話はこんな感じ


主人公のサクラは恩師のいる離島の病院で働くことで、島の人たちと近い距離で接する機会を設けます。一方、研修医であった下谷加江と白川領の2人も、研修医から専門医になりペルソナ総合医療センターの勢力として働き続けています。

 

このように前作を踏まえて今作では、チームメンバー1人1人がそれぞれ成長し、立派な産婦人科医や小児科医に成長したところから物語が始まります。

 

 

今回も新しい命に全力で向き合い、生まれることと生きることに関して深く考えさせられるような物語が展開されます。

 

第一話では、2人の妊婦を対象に物語が進みます。1人は難聴の夫婦の出産、もう1人は早く仕事復帰をしたいと強く望むお母さんですが生まれた赤ちゃんには重い病気を持っているという設定になっています。

 

 

お母さんの視点から見た生きると、赤ちゃんの視点から見た生きるには、それぞれ違う視点があります。このようにコウノドリ続編でも毎回たくさんの妊婦や出産に立ち会う中で、様々な問題や壁にぶつかりながら、命が生まれる奇跡を描いていきます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

医学が進み早期発見や難しい治療が受けられるようになってきたとは言え、助けられない病気や現場はまだまだたくさんあります。

 

しかし周産期医療は病気を治す分野ではなく、唯一新しい命を目にする新しい命の誕生をサポートする現場です。そのため、他の医療関連のドラマとは一味違う内容になっていると思います。

 

このドラマをきっかけに、命の誕生や生きるということに関して考える人も増えるのではないでしょうか。

 

 

こちらの記事も人気です。

続編放送中!ドラマ『コウノドリ2』の気になる評価は?3人の〇〇。

「コウノドリ」から生まれたピアノ曲美しいふたつの旋律

そんな意味が?人気ドラマ「コウノドリ」の驚きのタイトルのワケ

『コウノドリ』の加瀬先生はただのアイス好きじゃない!

演技力が凄い!カメレオン俳優「綾野剛」の魅力